2006年08月15日

小泉総理、靖国参拝!

終戦記念日のきょう、小泉総理大臣が靖国神社に参拝しました。
一応、自分なりの考えを書いておきたいと思います。
(特に真新しい考えでないのはご容赦^^)

最初に言っておくと、
俺は今回の参拝に賛成です。

ただし、全面的に賛成というわけではありません。
正直、自分の中にも賛否、様々な考えがあるのですが、
現時点では総合的に考えて参拝した方が得策だと思っています。



まず奉られている方々のことを考え、
理屈でなく心情的に考えれば、これはもう絶対的に賛成です。

あの時代「国のため」と信じて戦った方たちが
「死んだら靖国で会おう」と言って死んでいったのは事実。

そして、そんな軍人が奉られているのが靖国神社です。
そんな彼らに敬意をはらうのは至極、普通のことだと思います。



しかし、
靖国問題そのものを考えた場合、参拝には反対です。

あの神社は英霊を奉っているけど、そもそもこの英霊というシステムは、
日本兵が戦死を恐れないようにするために軍国主義者さんが作りあげたモノ。

まさしく軍国主義者が軍国主義のために作り上げた神社であって
やっぱり、まっとうな神社じゃないと思うからです。

そして、この戦争美化の姿勢は、今の靖国神社にも継承されています。

このような神社に日本のトップたる総理大臣が参拝することには
やはり違和感を感じずにはいられません。



ただし!です。

それでも俺はやはり小泉総理の靖国参拝に賛成します。

なぜかというと
総理の参拝は日本の利益につながると思うからです。



実は、2〜3年前までは総理の参拝に反対でした。

靖国神社の問題もあったし、何よりそのころは、
総理の参拝が日本の利益につながらないと思っていたからです。

はっきり言って「A級戦犯が合祀されている」などの
倫理的、価値観的な判断は、どっちでも良いんです。

総理大臣なんだから、一番に考えるべきは参拝が日本の利益に
合致するかどうか?だと思うんです。



で、以前は、中国と韓国の反発を見て、参拝には反対してました。
刺激しないで仲良くした方が良いんじゃない?と思ってました。

でも、昨今の状況や中国や韓国のことを学ぶにつれ、この「仲良し的」な
考え方が、とっても日本的で「お人よし」な考え方に見えてきたんです。

自分が思うに中国や韓国に「仲良し」考えは通用しません。
どんどん、向こうが要求を強めてくるだけです。

別に良い悪いではなく、そういう国民性なんです。
ある意味、島国根性の日本人より交渉上手と言えるのかもしれません。



だから、日本に必要なのは毅然とした態度で中国や韓国の非難を
はねつけることだと今は思っています。

大体、現世での利益がすべての中国人が、英霊というものを
理解できないのは当たり前だとも思いますし。



どうでも良いけど靖国神社が唯一の慰霊施設みたいに思われている状況は
いかがなものかと・・・

千鳥ヶ淵というものがあるのに・・・


最後に、戦争の犠牲となった全ての方々に哀悼の意を表したいと思います。
posted by 受験生ふるやん at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006〜2007 受験以外の何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、なるほど。
人の意見は非常に勉強になります^^

>どうでも良いけど靖国神社が唯一の慰霊施設みたいに思われている状況はいかがなものか
>と・・・
おっしゃる通りですね・・・

このように騒がれるようになってしまったため、
慰霊施設→靖国となっちゃったんでしょうね・・・

う〜ん・・・
Posted by th_zo at 2006年08月16日 14:19
>th_zoさま
勉強になるなんて・・そんな^^
ただ思うままを書いているだけです〜

千鳥ヶ淵の話は、新聞やTVで市民のコメントなどを聞いていると、
「この人、千鳥ヶ淵のこと知らないんじゃない?」
みたいなコメントが結構あってショックだったのです・・・

まあ靖国の余波で少しずつ知名度もUPしてきましたが^^
Posted by ふるやん at 2006年08月17日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。