2006年07月13日

ジダンの頭突きに思うこと

ワールドカップ・ドイツ大会決勝での頭突き事件から3日。
フランスのジダンがテレビで頭突きについて話したそうだ。

何でも、母と姉に関して”ひどい”言葉で侮辱されたらしい。
sports naviの記事はこちら

一方、イタリアのマテラッツィは新聞で、人種、政治、宗教問題、
母に関する発言は否定、姉に関しては事実上認めたみたい。
同じくsports naviの記事はこちら

まあ実際に何を言ったかは分からないけれど、マテラッツィの挑発は
試合に勝つための”作戦”の一つだったことは間違いない。

そして、こういった”作戦”が強豪リーグでは、日常茶飯事に
行われていることも本当だと思う。

それは確かに勝つために必要な”作戦”なのかもしれないし、
勝とうという執念によって行われるものなのかもしれない。

だけど・・・俺は日本代表には、この手の作戦をやって欲しくない。
なぜなら、俺の1番に求めているものが”勝利”ではないから。


(前にも記事で書いたけど)
俺はスポーツの目的は選手たちの自己実現にあって欲しいと思ってる。

そして、選手たちがそれぞれの自己実現を目指せば、それは、
必然的に選手自身の力を増すことになり勝利に結びつく。

勝利は至上の目的じゃなく、選手たちが自己実現を目指した
あくまで”結果”に過ぎない。

だから俺は「勝つために何をやっても良い」という考えは嫌いだし
勝利のためとは言え、日本代表にはそんなことして欲しくない。


もちろん、俺の考えは、現実ではなく理想論だとも思う。

だけど、スポーツって理想を求めることが許される
数少ないジャンルだと思うんだよなぁ〜

政治はもちろん、商売だって、自分の生き方だって、
どうしても現実的に考えざるをえないでしょ?
(まあ俺は自分の人生を現実的に生きてないけど^^)

ただプロやアマチュアに限らず、現代のスポーツが経済的な側面を
強く持っている以上、現実的に考えざるをえないのは分かるんだけどね。


まあ、実際にスポーツを見ているときは、こんなこと考えず、
単にプレー自体を楽しんでるけど^^


PS:ちなみに俺が使う「自己実現」という言葉。
 いわゆるマズローの「自己実現」とは少し意味が違うかも〜
 ご容赦^^
posted by 受験生ふるやん at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006〜2007 受験以外の何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ふるやんさん、おひさしぶりです☆予備校にも行けてない、ママ再受験生のぷくです。

 コメントは残してなかったですが、ブログはちょくちょく覗かせてもらっていました。

 本当に、ふるやんさんは頑張っていらっしゃって、頭が下がります。すごい勉強量ですね!ふるやんさんのブログを読んで、見習わねば。。。と気合を入れなおしている毎日です。

 マズロー、懐かしいです。学部の時、心理学の授業で習いました。ふるやんさん、心理学専攻ですか?それとも、社会学とか?

 また、時間があれば、お返事して下さいね☆
Posted by ぷく at 2006年07月15日 23:29
>ぷくさま

見ていただいて感謝です!
勉強量は・・・どうなんでしょう^^?とにかく悔いのないように頑張ります。

ちなみにオイラは工学部出身なので、マズローとは全く無縁の大学生活でした〜
Posted by ふるやん at 2006年07月16日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20750310

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。