2006年06月27日

「厳しさ」と「優しさ」と・・

ここのところ少し考えていたことがある。
それはサッカーの日本代表に対してどのような態度をとるべきか?
ということ。

つまりは「厳しく」か「ぬるく」か?ということ。


まあ、なぜ今日、こんなことを書くかというと、
化学の岡島光洋先生が、珍しくサッカーネタを話したのだ。

確か加圧が必要な反応を説明している最中だったと思う。

「人も同じ。成長するためには、丁度良い圧力が必要なんですよね」
「ゆるすぎてもダメだし、厳しすぎてもだめ」
「今回の日本代表は仲良しグループ過ぎたように感じますね〜」

岡島先生は気合、責任感、プレッシャーなどを総称して
”圧力”と言ったみたい。

まあ、本当に”仲良し”だったかは分からないけれど、
やっぱり必要なのは「厳しさ」と「ぬるさ」のバランスだよな〜と思った。


当たり前のことだけど、今回の代表の結果に対しては色々な意見がある。

長年サッカーを見てきて、海外サッカーにも詳しいファンの中には
「もっと厳しく批判するべきだ」との意見が多いような気がする。

いわく「プロなのだから結果を出さなかったら批判されて当然」
いわく「マスコミやファンが甘やかすから日本は強くならない」
いわく「日本は世界に比べて甘い。サッカーの強国は選手に厳しい」

もっともだと思う。

もちろん「卵をぶつける」「水をかける」など、単に負けた腹いせを、
感情的に晴らすだけの非難は論外だけど、的を射た厳しい批判は、
代表が強くなるためには絶対的に必要なものだ。


でも・・・実は俺は選手に対する批判というのが、あまり好きじゃない。

というのも俺は、選手たちに、国のためでも、サポーターのためでもなく、
選手自身の自己実現のためにサッカーをやって欲しいと思っているから。

選手の中には、自らの力の向上を第一に考える選手もいるだろうし、
サポーターの望む勝利を第一に考える選手もいるだろう。

どちらかがエライわけじゃない。

どちらも、自分の考える選手像に近づくため、
自らの夢見るサッカーを実現するために努力する。

俺は、そんな選手たちが自己実現していく過程に共感したいのだ。


それにね、選手たちを厳しく非難するネットの書き込みとか見ると
どうしても去年の柏レイソルを思いだしちゃう。

J2落ちした去年の柏レイソルは、本当にすさんだものだった。

選手とサポーター、そして経営陣は互いにいがみ合っていて、
競技場にはサポーターの罵声が満ちていた。
お互いに対する不信感が渦巻いていた。

あんな状況にはしたくないから、俺は日本代表に少なくとも不信感を
持って対応したくはない。


それでも、やっぱり・・・

厳しさも必要だと思うから、厳しく批判する人にも
頑張って欲しいと思っちゃうんだよなぁ〜

うーん。やっぱり丁度良いバランスって難しいよね。


何か思うまま記事を書いちゃったけど、
読み直すと主張に一貫性がないなぁ〜

小論文だと不合格答案ですね^^
posted by 受験生ふるやん at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 2006〜2007 受験以外の何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前から気になっていたのですが、千葉大数学がでてくるのだけれども、千葉大志望じゃないですよねえ。千葉大は年寄りはまず取りませんよ。知っているとは思いますが念のため。
それから岡島先生はよいですかどんなかんじですか?
Posted by YK at 2006年06月28日 02:48
>YKさま

千葉大の件は・・俺も聞いたことあります。
志望校については今度、ヒマなとき記事に書きますね^^

岡島先生は良い先生です。
コンパクトにポイントをまとめてくれますし、
授業も分かりやすいです。

亀田先生のようにインパクトのある先生は現役生には良いかもしれませんが、
俺には熱すぎます・・なので、正直、俺は岡島先生の方が好きです。
Posted by ふるやん at 2006年06月29日 01:44
おっしゃる通り、バランスは大切ですよね。

・・・常々思うんですが、結局自分の意識次第なのかなぁと思います。 って、いきなり漠然としたことをいってますね^^; 批判にしろ賞賛にしろ、それをどのように感じ、受け止めるかで全てが決まるような気がします。 柔軟性かつバランスのある感受性があれば、殆どのことはスムーズにいくような気が・・・ 

って、すみません。
記事内容とはあまり関係なかったですね^^; 独り言でしたm(__)m
Posted by th_zo at 2006年06月29日 08:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19950393

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。